赤のとち姫

クリーミーで濃厚な泡でお肌をピカピカにする赤のとち姫にはどのような成分が含まれているのでしょう。そこには安全性と美容効果に対する強いこだわりが溢れていました。

まず安全性にこだわり、7つの無添加を行っています。着色料、防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、酸化剤といった肌には刺激の強すぎる成分を使用しておりません。

ですから敏感肌の方も安心してご使用いただけるようになっています。

赤のとち姫にはその名にもなっている、栃の実ポリフェノールを使用しています。栃の実の成分が肌に潤いを与え、保湿をしてくれます。

他にもお肌のために、プラセンタ、アスタキサンチン、コラーゲン、ザクロエキス、ヒアルロン酸、レスベラトロール、セラミド、クロレラエキスなどといった美容成分を豊富に含んでいます。

赤のとち姫

赤のとち姫の栃の実に含まれるポリフェノールは、プロアントシアニジンという成分によって構成されています。これは健康の維持やエイジングケアに多大な効果があるのではないかと現在学会でも注目されている成分なのです。

また製品を製造する時の水にもこだわっています。日本でも有数の名水の郷「奥大山の天然水」を使用しているのです。日本人のための日本の名水を使用することで、赤のとち姫は練り上げられているのです。

そして世界有数のリゾート地、インドネシアからのジャワ王宮の女性たちが美を磨くため愛用していたというエキストラヴァージンココナッツオイルも使用しています。

エキストラヴァージンココナッツオイルは無添加のココナツオイルをじっくりと時間をかけて抽出したとても希少な高級美容オイルなのです。美容の世界のみならず医薬品の世界でも注目されているオイルがたっぷりと赤のとち姫には使用されています。

エキストラヴァージンココナッツオイルにはラウリン酸が50%も含まれています。ラウリン酸とは天然では唯一の母乳成分で、優しくお肌を保護してくれます。

これが攻める美容、赤のとち姫の効果の秘密なのです。

 

赤のとち姫の安全性と副作用について

D_16-8-24_13-33-1

赤のとち姫の安全性に対する姿勢はとても強いものです。

上記した7つの無添加はもちろんですが、工場での製造前には職員の手洗い、殺菌も厳しく徹底管理され、ひとつひとつの製品の品質管理もとても厳しく行っています。ですから敏感肌の方でも安心していただける安全性の高い製品が実現したのです。

また副作用などの恐れがないよう、15日間全額返金保証を設けて、納得いただけるようにお試しできるようになっています。

赤のとち姫は開発者が元々幼い頃から敏感肌で化粧品選びに大変苦労をした経験から産み出されたものです。ですので安全性の高さをここまで追求しています。

お肌への優しさや安心がどれだけ大事なのかを実体験で知っているだけに赤のとち姫という画期的な安全性の高い石鹸が生まれたのです。

赤のとち姫はひとつひとつに手間と時間をかけ、愛情を込めて作られています。それを使うひとびとのひとりひとりの顔を思い浮かべながら丁寧に作られているのです。

赤のとち姫を使われた方の悩みを解決するために赤のとち姫は作り続けられています。

⇒赤のとち姫の口コミは本当?